心の風邪の治し方|デパスとパキシルでうつ病治療

抗うつ剤のデパスとパキシル

うつ病は「心の風邪」といフレーズをご存知でしょうか。
これは明治製菓がパロキセチンという成分の抗うつ剤を販売する際に作った有名なキャッチコピーなのですが、パロキセチンは一般的にパキシルという製品が有名です。

パキシルは選択的セロトニン再取り込み阻害薬という種類に分類され、幸せ物質とも呼ばれるセロトニンという人間の気分に影響する物質の濃度を高めることで抗うつ効果を発揮します。
パキシルは非常に強く作用し、悲観的でやる気の出ない症状を、気分を晴れやかにし、前向きな思考が出来るようにするとされる反面、副作用も少なからず認められているのが玉にキズです。
といっても従来の抗うつ剤と比べると比較的安全性も高いお薬ですので、用法と用量を間違わなければ、高い効果が期待できます。

一方、副作用のより少ないお薬としてデパスがあります。
デパスは田辺三菱製薬株式会社が製造販売するエチゾラムという成分の抗うつ剤の一種で、正式にはベンゾジアゼピン系抗不安薬という種類のお薬です。
他の抗うつ剤と比べて、効果が高く、また副作用も少ないことから、処方する医師も多いため、おそらくこの種類のお薬の中で最も有名な製品なのではないでしょうか。
一般的な効果としては不安やストレスを取り除くことで心身をリラックスさせるのですが、そのリラックス作用に伴って眠気を誘うため、睡眠導入剤としても処方されることがあります。他にも肩こりの症状に医師から処方される場合もあります。
デパスは安全性が非常に高く、副作用も眠気、ふらつき、倦怠感くらいなのですが、副作用が少ないため、つい服用量を増やしてしまいがちなので、適切な服用量を守るように注意が必要です。

どちらのお薬も非常に優れた抗うつ剤ですが、病院に行かなければ処方されないお薬ですので、入手方法に難がありそうですが、最近ではこうしたお薬をインターネットでも購入することが出来るようになって来ましたので、これらがどうしても必要という方は試してみると良いかもしれません。

インターネットで購入する方はこちら⇒デパス通販|うつ病|精神薬|副作用|お薬なび